厄介な大人ニキビには自分に合ったスキンケアを

私は、中学生の頃からずっとニキビに悩まされてきました。思春期ニキビの跡が大人になった今でも治らず一生このままなんじゃないかといつも気分が下がってしまいます。頬も凹凸ができてクレーターになってしまい、いろいろな商品を試しました。

私は頬と口周り、顎からフェイスラインにかけて大人ニキビができ始めました。頬は思春期の頃から治らず、赤みも引かない状態です。また口周りやフェイスラインは生理前になるとできてきます。治ってもまた繰り返し出てくるのでとても厄介です。

大人ニキビができると、化粧をするときも隠すために厚塗りになってしまい、ニキビに逆効果で悪循環になります。人前に出るのも嫌になり、化粧ノリもとても悪くなるのですごく困っています。

できるだけ髪が当たらないヘアスタイルをしたり、口周りやフェイスラインは乾燥しやすいのに保湿が疎かになってしまう部分ではあるので保湿を念入りにしました。また、毛穴のつまりによるニキビもできるので、よく洗顔したり、毛穴パックをしたりで清潔に保っていました。

効果があったスキンケアはまず洗顔をしっかりして、自分に合った洗顔料を使用することです。
自分の肌を知らないとニキビがひどくなってしまう可能性があります。そのあとに化粧水を何度もつけることです。2度付け3度付けして肌への水分量を多くします。その後、フェイスパックをして肌のキメを整えます。そのあとに乳液やクリームを塗り保湿します。保湿もやりすぎると人によってはそれが毛穴のつまりになることがあるので、これも自分の肌を知ってからやることをおすすめします。

私の肌にはプロアクティブが一番合っていた感じがしますが、リニューアルされる前の古いタイプのプロアクティブはダメでした。
同じプロアクティブでも、リニューアルの前と後では全然使い心地が違うので注意が必要です。
参考:プロアクティブ+と旧タイプの違い

私の場合は、睡眠時間も整っていたわけではないので、まず睡眠が大事だと思います。その次に食生活を見直して塩分や糖分を取りすぎないことをもっと心がけてやるべきだったなと思います。また、ストレスを溜めないことも大事です。大人ニキビに悩んでいる方はまず自分の肌をよく知ってそれからスキンケアの方法を試していって欲しいと思います。